グローバル化している今だからこそ小学生から英語能力をつける

今どきセレブ夫婦の子育て

ボーイ

自由が丘は、今どきの感覚を持ったスタイリッシュな子育て世代が住まう街です。それだからこそ幼児教室も多く存在しています。幼児教室に通う意味を考えながら、様々なタイプのお教室を検討して、我が家の方針と我が子にピッタリ合うと思える幼児教室を探してみましょう。

詳細を読む

必要な知識と楽しさ

子供たち

受験のために吉祥寺の幼児教室に通わせる方も多く、それに比例して子供の成長を感じる事ができると答える方が多い事が特徴です。子供にあった幼児教室を探すためには、すぐに決めるのではなく何ヵ所かみてから決めるようにした方が良いでしょう。

詳細を読む

必要性は年々高まる

英語

楽しめるよう工夫して

グローバル化の進展に伴い、英語の必要性は年々高まってきています。そうした流れをうけ、小学生から英語の授業が必修化となります。遅れをとらないためにも、必修化でない今のうちから小学生の子供に英語を学ばせようとする親が増えてきています。小学生に英語を学ばせるときのコツは、楽しめるようなものを選ぶことです。中学生から習うような、文法や単語の丸暗記はつまらないと感じる小学生が多いです。つまらなければ長続きせず、結果的に身につけることが難しくなります。耳がよく、学習能力が高い小学生だからこそ、より気軽に英語に触れていくことが重要です。テキストを使うものよりも、先生と話したり、字幕で海外アニメの映画を見たり、音楽を聴いたりする形の学習が小学生には向いています。

話し言葉が中心

小学生が英語を学ぶときは、単語や文法を覚えたり、文章を読んだりするのではなく、話し言葉を勉強する方が多いのが特徴です。日常的に使う挨拶やフレーズをまるごと覚えて、自然と話せるようにしていく形の学習が多いです。親しみやすいように、キャラクターを使ったりしているものが多いのも特徴です。まずは異国の言語である英語に触れること、そして耳を慣らすことに重点がおかれています。声に出す場面も多いです。言葉は、実際に口に出して初めて定着するものなので、より実践的な学習法であるといえます。現在は授業が必修化ではないため、学ぶ人は民間のスクールや塾などに行く人が多いです。小学生相手の塾やスクールは、耳がいい小学生相手のため、ネイティブスピーカーを用意しているのも特徴です。

学習の土台作りのために

男の子

世田谷区には多くの幼児教室が存在しており、英語や受験準備、芸術、スポーツと幅広く学ぶことができます。どこを選ぶべきか迷った時は、各教室の体験入学を利用して、実際に教室の環境に触れながら選んでみましょう。

詳細を読む